効率化とオシャレさを追求したオフィスレイアウト

  • 仕事がはかどるオフィスレイアウトとルームデザイン

    • 若手が経営するIT企業やデザイン会社などは古くから馴染んでるような部屋割りをしていないのが特徴です。例えば、社長室を社員と別の部屋にしたり窓際の一角に作ったりするようなことをせず、役職を持たないスタッフと同じ部屋でスタッフと隣同士で座るようなオフィスレイアウトをしてます。

      スタッフと社長が同じテーブルでパソコンを仕事をしたり、個別の席を作らずに毎日違うデスクにスタッフが座るようにするパターンが目立ってます。誰とでも隣同士になる機会が増えるので新しいコミュニケーションが生まれることが次のプロジェクトにつながる場合があります。

      また、社長が他のスタッフに交じって仕事をすることで社長との格差が気にならなくなり、緊張せずに新しい企画を提案することができますのでこの方法が取り入れられてます。


      そのためオフィスレイアウトはカウンター式、4人掛け、ソファー掛けなど数種類にしてみたり、デスクの配置デザインに工夫が見られます。



      孤独に作業するというよりは周囲と交流を深められるように丸テーブルにして数人が座れるようになってるオフィスレイアウトでは、何気ない会話から新しいゲーム企画につながるような発想が生まれたという実績もあり、デスクの配置は気分転換だけでなく企業全体につながる利益が反映されるパターンがあります。

      Yahoo!ニュースのマニアックな情報をお届けします。

      デスク配置や壁紙をたまに帰るというデザインも非常に効果があり、スタッフのマンネリ化を防ぐことに効果があります。
      いつも同じ席、同じメンバーという方法から雰囲気を少し変えるだけでスタッフのストレス度が大きく変わることがありますね。パソコンを置いてファイルを広げる程度の面積でも、社長が毎日違う席に座ったり周囲のメンバーが変わるだけで脳には大きな差があり、たまたま閃いたことが大きな財産になることがあるということです。



top